日本縦断 なさらん 21日目 (最終日)

4:30の起床

苫前のキャンプ場で朝日に迎えられ…

なんと最終日に相応しい日か。

気持ちの良い朝と共に走り始めました。

少し漕いだ先のセブンではカツ丼で活力を獲得し、本当に本当のラストステージ”オロロンライン”の走破と”縦断達成”に向けてとにかく必死に走り、稚内前のラストのセイコマ、稚内まで約60km手前でとりあえず休憩。

ここでもカツ丼をキメた。

ここからが試練の連続でした。

いくつも続くアップダウン。ほとんど変わらない景色。トラックによる爆風。終始止むことのない猛烈な向かい風。

さすがオロロンライン

まさに日本縦断の総決算というべき道のりでした。

しかしつらい事ばかりではなく、

絶景に迎えられ

北緯45度に到達し

稚内でうに丼をキメて…

残り35km地点。

遂にゴールが見えてきた。

この35kmは様々な思いが込み上げてきました。

いつの間にここまで…。とか、やっと終わる…!とか、もう終わっちゃうのか~…。とか。。

そんな思いを抱きながら、

8/27 17:00

宗谷岬に到達し、日本縦断を達成することが出来ました!!

思い返してみれば本当にいろいろなことがありました。

スタート地点である佐多岬からの過酷な道のりから始まり、1日で200km以上漕ぐこともあり、山も登りまくったし、ナイトランもたくさんした。真っ暗な山道で心が折れかけたときもあったし、峠でワイヤーが切れたりパンクをしたりもしたし、縦断中は向かい風でしかなかった。本当に辛い日々の連続でした。

しかし、そんなときにいつも助けになっていたのは、休憩中に声をかけて下さったり、車の中から手を振って応援して下さったりした地域の方々や、縦断中、時々ではあるものの一緒に走ってくれた仲間の存在でした。

本当にいろんな方に救われていたんだと実感しました。感謝です!!

この日本縦断の総走行距離は約2900kmと、今までからしたら考えられないほどの距離となりました。過酷といえば過酷でしたが、どんなことがあっても結局チャリに乗るのが好きなんですね笑。ここまで続けられたのもそのお陰だと思います笑。こんな思いを持てるのもSUCCに所属しているからこそだと思います。本当に良い経験が出来ました!

ここまでいろいろ書いてきましたが、最後にひとこと、、

応援して下さった方々、本当にありがとうございました!!

最後に撮れて良かったです!

浜松B3 なら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)