ユリコ縦断_21(最終日)

ようやく落ち着いたので、最終日のブログを。

濃い1日でもあったし最後なので、少し長くなるかもしれませんがお許しください

ついに迎えた最終日は、天塩のキャンプ場から稚内、そして宗谷岬でゴールという行程。

同じ場所で前日宿泊していた巧とりょうだいくんは2人で行くらしく、私は流石についていけないなーと思っていたのだが

巧「一緒にいくなら合わせるよ」

(え!ほんとに?やった風避けながら走れるじゃん!)

巧「25km/hくらいなら」

…25km/hまでしか下げてくれないんかい!そこそこ速いな!

と心の中でツッコミはしたが、まああまりにもついていけなかったら置いて行ってもらおうと思い、一緒に連れて行ってもらうことに。

縦断が始まって複数で走るのは初めてだったので、実はそれだけでちょっと嬉し楽しかった。いいカメラで写真を撮ってくれてるふたり。をスマホで撮る私。こういうのがいいんだよね…

いい写真。

昨日とは違い、ほとんどアップダウンがなくひたすら平らな道だったし追い風だったので、びっくりするくらい進んだ。それにしてもついていくだけってなんて楽なんだろう…楽しい…

そこそこのペースで漕ぎ進めていく。

…と

「ゴロゴロ…」

ん?前方で真っ黒の雲がお出迎え。

ほぼ真横でほんとにこんな感じの雷がいくつも見られた。アメダスの真っ赤な部分が迫ってきている…

ご存知の通り、オロロンは本当に雨宿りできるような場所がなく、絶望だったが絶望している暇さえない。10kmほど先に唯一の屋根がある場所があることが判明し、とにかく急いで漕ぐ。

最後の5kmくらいで微妙な坂があってもうだめだと思ったが、雨のレベル的にそんな悠長なことは言っていられないので「あと10分!あと3km!」と励ましてもらいながら必死に漕ぐ

(普通にいじめじゃんこれ)

ゼーゼー言いながらなんとか到着!と同時にものすごい大粒の雨が降ってきた。すっごいタイミング!!

正直私が遅れるせいで2人まで雨に晒されるのは申し訳ない、(こんなに頑張ってるんだからあと15分くらい待ってよ)と思っていたので本当によかった。

ストラバで見たら、オロロン始まってここまでで平均速度が27.5km/hを記録していた。ここまできて最速。なんかもう笑うしかない

どうでもいいが、普段このスピードで漕いでる巧のすごさを体感した。すごいとは思ってたけどこんな感じなのね…。あとりょうだいくんよく2日も一緒に行けたな…すごすぎ…

もうすでにここで40km進んでいたので、あとは雨が小降りになるのを待ってから進み、あっという間に稚内に着き、マックでご飯。懐かしいなぁ…

そして、雨がやんだところでいよいよ宗谷岬に向かって走り出す。前半でバテきってはいたが追い風の中最後の力を振り絞る。

見覚えのある風景。最北端まできた。

出発も(あ出発はアルトくん一緒だわ)ルートもバラバラだった4人で同時にゴールできたのは本当にラッキーだった

解放感からくる勢いと先行していたアルトくん(めっちゃ待たせてた)の勧めでそのまま宗谷丘陵というところへ。

少し登るとこんな別世界が広がっていた。みんなで最高〜って言い合いながら写真撮ったりするのえもい(語彙力)

帰りはというと、向い風と私のhpがゼロになっていたことから二手に分かれてノロノロ走った。

プチ打ち上げで美味しいジンギスカンを食べ、セイコーマートで1200円のアイス(?)を買い、ものすごーく熱い温泉に入っておしまい。(夜にミーティングがある某ライダーハウスだったのだが寝ぶっちしてしまった。)

今日でおしまい。

長かったようで終わってみるとあっけなく感じた、気がする。私の中で、すでに苦しかったことの思い出が美化され始めている。

もともと縦断は、やるつもりも本当に(これ本当に)全くなかったが、一部の人になぜかやけに煽られ始め、なぜか少しづつ広まり「ホントにやったらこの人たちはびっくりするかな、やれたらなんか面白いな」と思い始めたところから始まった。

この縦断をするにあたって、ルートのプランのヒントをたくさんくれた巧そうきくん始め、(具体的なルート作り始めたのはもはやこの人たちがきっかけである)

縦断しなければ絶対出会えなかったひと、精神的にも苦しいとき連絡をくれて励ましてくれた友人先輩後輩、情報共有したりしんどいって言わせてくれた他の縦断勢、それから、普通大丈夫なのとか止めたりするはず(?)なのに一言「気をつけてがんばれ〜」と自由な娘を送り出したクセ強目の父母妹。

たくさんの人に元気づけられてがんばれていた。本当に感謝しかない。

あとは、初めてこんなにも長く1人で旅をしてみてたくさん得たものもあった。

1人は自由気ままで思ったより寂しくなかったし、複数だったらできない予定変更や多少の無茶ができたように思う。

もちろん1人で走ったことで、普段は見なくても済むような自分の嫌な部分や弱点を見たり、みんなで行動して共有する楽しさも改めて実感できた。

そして、1日に100kmと少しを一回走ったことがあるくらいの体力しかなかったはずなのに、気づけば1日の走行距離は最高180km、平均すら120kmを超えていた…人間って順応していく生き物らしい。本当に。

…長くなりましたが

基本的にリアルタイムだとネガティブなことしか言ってなかったように思うけど、達成できた今、後悔は一切ないです。(思ったより日焼けもカバーできたし。)

なので男女関わらずぜひ。特に私を煽っていた何人かは絶対するよね???(女子でも、もう少し時間をかけられればもっと負担が減ってやりやすいと思う、うん)

というわけで、ここまで拙い文章でも読んでくださった方はありがとうございました。これで本当に終わります。

二度とやりたくないけどおすすめするって口を揃えて言う先輩方の仲間入りかな? ユリコ

オマケ

れ い わ


Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)