そのい縦断 最終日

記憶が薄れないうちに書き留めておきます。

最終日。この日は岩見沢のネカフェを6時にスタートしました。本当は5時にスタートする予定だったのですが嫌すぎてゴロゴロしてました。首を絞める行為なのは分かってるんですけどね…

漕ぎ出したんですけど風が強い強い。20km巡行が限界でした。それでも、進むしかねえとひたすら進んで滝川のセイコーマートへin。カツゲン飲んでパン食べて補給します。ここから少し風がマシになって今のうちに、と漕いで漕いで120km。小平の有名な海鮮丼のお店、「すみれ」に行きました。

めちゃくちゃ美味かった…!疲れた体に染み渡りました。エビの殻がうまく剥けなかったので誰か剥き方教えてください。

この時点で14時。そして宗谷岬まで残り180km。

この時僕の頭の中で詠唱が流れ始めました。

俺は止まんねぇからよぉ…!お前らが止まらない限り、その先に俺はいるぞ!

だからよぉ…

止まるんじゃねえぞ…。

キボウノハナー

止まりました。

日没までは良かったんですけど日が暮れてから街灯なさすぎて怖すぎる風向きがひどくて20km巡行できない予報より天気が持ちそうなど様々な要素が重なって僕の足を止めてしまいました。豊富町で朝を待ちました。

今だから笑えますけどその時はメンタルが完全にやられててお腹空いてるのにご飯が中々喉を通らないぐらいでした。自然というものは恐ろしい。

そして早朝。再スタートを切ります。

最北端のマックまでなんとか辿り着いて宗谷岬まで残り30km弱、ラストスパートです。しかし、この時最後の敵が待ち構えてました。風速15mの風が容赦なく吹きつけました。

ただもうがむしゃらに漕いでました。あの時間は一生忘れないと思います。

そして漕ぎ続けてようやく…

着きました!宗谷岬到達!この瞬間の達成感と喪失感にも似たなんとも言えない感覚は言葉で表し難いです。やれば分かりますとしか言いようがないですね。

さて、この縦断を終えた感想としては思ってたよりは辛くなかったです。最後以外。一人で初めてこんな長い距離を旅したわけですけども、なんだかんだ誰か(主に真鍋)と一緒にいる機会があり、メリハリをつけて頑張れました。

そして、僕は人間は本当に一人では生きていけないな、と思いました。財布を落とした時。後輪のスポークが折れた時。トラブルに見舞われてもその時に度々助けてくれる人がいました。その方たちがいなければこの縦断は確実に達成できていません。感謝しかないです。いつか、どこか、なにかの形で恩返しができたらと思います。そして、そうやって困っている人がいたら今度は僕が助けてあげたい、そう思います。

縦断中いろんな人とお話ししてて何度かこう言われたことがあります。「なんで自転車なん?」と。僕は答えに詰まりました。何故数ある手段の中で自転車を選んだんでしょうか。景色を見るのが楽しい、自分の足でたどり着いた到達感を味わいたい、色々あると思います。縦断を終えた今の僕は、多分こう答えると思います。

「多分好きなんですよ、自転車で旅するの。」

そのい


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)