ヨーロッパ縦断24日目@キンダルダイク

オランダのとっってもよい家族の方たちに泊めてもらった日

朝は買ってたこいつ

が、コッケコッコぉぉぉー!!とうるさすぎて起こされました(笑)

簡単に追いかけると捕まえられます。

お父さんはすでに朝早く仕事へ

お母さんが朝ごはんを作ってくれました。

こんなこともなかなか無いので、ただの朝ごはんがとても嬉しかったです。

またこの日の新聞を見せてもらったら、たまたまブエルタエスパーニャの時期で一面がこれ

庭に生えてたブドウを頂き、名残惜しながらも家を出発しました。

再びアムステルダム庭に向けて走ります。

やはり思うのは、オランダ田舎過ぎだけど大丈夫??ってことですが、

今日はこんな道を進んで、ある目的地が。

世界遺産のキンダルダイクです!!

少し前までは実際に使われていた風車たちです。ここの地域はそれが密集してたため、保存地区として残っています。

だんだんと海?湿地が多くなり、まさにこれぞオランダな道を走り抜けたらありました。

ここにもしっかりとチャリ道あるんですよね。

ただオランダはすごく自転車に優しくてよかったのですが、ここでひとつ問題点。

海がすごく内陸まで入り込みまくってて、途中行けると思ったら海で渡れない現象です。

運河にもなって、川幅も広いのでなかなか渡れないんです。

ただこのようにたくさんフェリーがありました。ただ、行き先が全然わからなかったので、遠回りしちゃったりなんかも(笑)

そうこうしてる間に、ヨーロッパのスーパーのしまる時間ギリギリに滑り込み。

(わかるひとにはわかる。僕はここのスーパーのちょっと丈夫な買い物袋をわざわざ買ってしまいました。)

写真は無いのですが、ここらへんはロッテルダム近郊。さすがに少し都会になってきて、でもとても綺麗な街並みでした。なにがすごいかというと、やはり至るところに水辺があります。

というより、どの家も家自体が水辺に立っており、庭が水辺に張り出していました。(ちょっと蚊がすごい湧きそう…とか思ってしまいましたが)とてもおしゃれな家ばかりでした。

またじっくりと都会も楽しみたいと思いました。

神谷正紀


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)